2月23日、2021年の初戦となる練習試合が、ホーム・嶮山グラウンドにて開催されました。

翌月に迫った新人戦を前に、ここからは実戦モードです。最上級生となった新6年生はもちろん、学校よりも一足早く学年が一つ上がった選手たちは、昨年よりも頼もしくみえます。

先攻のファイターズ。初回は7点を先制し、幸先の良いスタートを切りました。その裏、ファイターズの先発マウンドには新4年生が登場。見事3者凡退に抑え、完全に試合の主導権を握ります。

その後も攻撃の手を緩めず、初ヒット、初猛打賞、初ホームランなどを記録する選手、極めつけは2本のホームランを放った女子選手の活躍などもあり、終わってみれば

36-12

華々しい勝利を飾りました。

勝ったとはいえ、細かなミスや投手陣の整備など、課題はまだまだあります。しかし選手たちは、昨年から続けてきた厳しい練習の成果を存分に発揮し、一皮向けたたくましい姿をみせてくれました。これから始まる2021年シーズンに向けて、大いなる期待をいだかせてくれる試合となりました。

今年の嶮ファイ、一味違いますよ!

試合翌朝、激戦の記録が残るスコアボードの前で、昨日の反省を踏まえた練習をする選手たちの姿が。このチームはまだまだ強くなります!